キャッシング 主婦 専業主婦

更新日:2014/07/24

クレジットカードはポイント還元率が決められています


クレジットカードにはそれぞれポイント還元率が設定されています。これは、カードを利用してたまったポイントを金券や商品などに交換した場合、いくら相当のものがもらえるかということで、カード利用額のうちどの程度が利用者に還元されるかということをあらわしています。このクレジットカードのポイント還元率は、そのカードの公式サイトで、何ポイントたまればいくらの金券と交換できるのか、といったことを調べます。たとえば、1000円の利用ごとに1ポイントがたまるようになっていて、1000ポイントがたまった時点で5000円分の金券と交換できるようであれば、1000円利用るごとに5円が還元されるということがわかります。1000円の利用で5円還元となるなら、還元率は0.5パーセントになります。また、カード会社のポイント制度はボーナスポイントを設定しているケースも少なくありません。この場合、ポイント還元の割合の算出方法はさらに複雑になります。ポイント還元の割合はクレジットカードによって異なっていますが、一番多い数値は0.5パーセントです。しかしカードによってはこれよりポイント還元の割合が高いカードも多く存在し、1パーセント以上のものも時々あります。カードの中には2パーセントや3パーセントといった高いポイント還元の割合を誇るものも多く存在します。このような高いポイント還元率のカードを見つけるには、インターネットでさまざまな関連情報を収集するのがおすすめです。

クレジットカード 還元率 ポイント